がん検診で早期発見と治療が可能となってきた

日本国内における、年間のがんによる死亡者の数は、30万人をゆうに超える数字をたたき出しています。


死亡原因としても、病気の中で第1位にあがるのががんです。
確かにがんは大変な病気ですが、医療の世界は目まぐるしい進化を遂げています。


治療も診察も進歩しています。

そのため、精密な検査を受けることで、早期発見できるがんもありますし、早期の治療も可能となってきています。高度に変化し続けている医療技術に基づき、がん検診も、より確かなものへと変わってきています。


日本国内におけるがんの死亡率を、できるだけ減少することが可能な方法です。


自覚のない無症状である時期に、検診を受けておいて、早期発見に役立てます。

がん検診の情報を一挙に公開しています。

たくさんのがんを見つけるために、癌の検診があるわけではありません。



早い段階でみつけて、早い治療をすることです。

そのことで、トップに来るがん死亡率を減少させることができます。

健康的と思える人に対し、がん検診を受けることで、異常ありか無しかを判定していきます。

以上があれば、より精密な検査を行って、適切な治療も始めていきます。

救命できるがんを、早期発見することをが、がん検診の目的のひとつです。
1回だけがん検診を受けてみて、検査結果が異常なしという結果に、安心して終わりにはしないことです。精密検査を受ける時には、しっかりと医療機関で検査を受けます。



異常なしと出た人も、定期検査を受けるのが健康管理にもつながります。